VIOや背中など自分では剃りにくい部位は事前に確認を! 脱毛してもらう前の「自己処理」について

脱毛サロンや美容クリニックで脱毛したことがある人はご存知だと思いますが、サロンやクリニックで脱毛してもらう前には、自分でムダ毛を処理してから行きます。

このムダ毛の自己処理ですが、剃り残しがあった場合や、自分では届かない背中などのムダ毛の処理の対応が、サロンやクリニックによって異なります。

では、各サロンとクリニックのシェービングサービスについてみていきましょう。

各サロンやクリニックのシェービング ルール

□IPL脱毛
【KIREIMO(キレイモ)】
・背中、うなじ、ヒップ、Oライン、はシェービングのお手伝いOK
・パックプラン:シェービング代は無料
 スペシャルプラン:シェービング代は無料
 月額制:シェービング補助代 1回1,000円(必ず引き落としされる)
・剃り残し
 パックプランとスペシャルプラン:剃り残し無料
 月額制:剃り残しを避けて脱毛または、1,000円でシェービング

【銀座カラー】
・えり足、うなじ、背中上下、腰、ヒップ、Oラインはシェービング対象箇所
・それ以外の部位の剃り残しはシェービング不可(剃り残し部分を避けて脱毛)
・リーズナブル脱毛コース:追加料金3,000円でシェービング対象箇所のみOK
 スピード脱毛コース:シェービング対象箇所は無料

【C3(シースリー)】
・えり足、背中、ヒップ、OラインはシェービングOK
・シェービング代は無料
・自分用の電気シェーバー(顔剃り用の二枚刃)を持っていく
・剃り残しは避けて脱毛するか、剃り残しが多いと脱毛してもらえない
・少しの剃り残しなら持参した電気シェーバーでスタッフが剃ってくれる

【恋肌】
・パックプランのみシェービングサービス有り
・シェービングサービス:うなじ、背中上下、腰、おしり(無料)
            その他の部位は1箇所800円
・月額制はうなじのみで、他の部位のシェービングサービス無し(お金を払ってシェービングしてもらうことも不可)
・剃り残し:避けて照射または、1箇所800円(パックプランのみ)

【SASALA(ササラ)】
・うなじ、背中、ヒップ、Oラインはシェービングしてくれます
・回数プラン:無料
 月額プラン:シェービング補助代1,000円/月(剃り残しがなくても毎月かかる料金)
・剃り残しで自分では届きにくい部分はスタッフがシェービング。自分で剃れる部位は電気シェーバーを借り自分で剃る

□S.S.C脱毛
【MUSEE(ミュゼ)】
・えり足、背中上下、Oラインのみ剃り残しのお手伝いOK
・その他の部位の剃り残し:剃り残しを避けて脱毛または、脱毛お断り

【脱毛ラボ】
・追加料金でシェービングしてもらえる
・部位を問わずシェービングOK
・VIOまたは顔を含む全身脱毛:シェービング代1,500円
・VIOまたは顔を含まない全身脱毛:シェービング代1,000円

【coloree(コロリー)】
・シェービング代 無料
(公式HPのQ&Aにはシェービングサービスは行っていませんと記載あり。どっちが正解!?)

□SHR脱毛
【STLASSH(ストラッシュ)】
・回数制、通い放題:剃り残しシェービング無料
・月額制、都度払い:剃り残しシェービング代1,000円
・月額制は月に2回通うので、毎回剃り残しがあれば+2,000円かかる

【La coco(ラココ)】
・うなじ、背中のシェービング無料
・その他の部位は1部位につきシェービング代1,000円
・剃り残しは、避けて照射か有料でシェービングを選べる
・剃り残しが多い場合は脱毛を断られることもあります

□医療レーザー
【リゼクリニック】
・シェービング代 無料
・無料ですが前日までに自分でシェービングして行きましょう

【湘南美容クリニック】
・シェービングは1部位500円
・剃り残しは、避けて照射か有料でシェービングを選べる
・自己処理しにくい部位で前もってシェービングしてもらいたいときは、予約時にシェービング込で予約しましょう

【アリシアクリニック】
・えりあし(うなじ)、背中、腰、Oラインなどの自己処理が難しい部位はシェービング無料
・上記以外の部位でシェービング希望の場合は予約が必要
・シェービング代2,000円
・剃り残しのシェービング代は無料
・シェービング予約なしで剃り残しがあった場合は、剃り残し部分を避けて脱毛

【クレアクリニック】
・「Myシェーバー」
患者1人専用の電気シェーバーを用意し、脱毛完了まで管理してくれる
全身脱毛契約者は無料(部分脱毛の契約は購入)
脱毛完了後、電気シェーバーをもらえる
・背中、Iライン、Oラインなど自己処理が難しい部位は無料

サロンやクリニックで脱毛する前は自己処理が基本

サロンやクリニックで脱毛する前日までには、自分でムダ毛を剃っていくのは基本です。(ムダ毛が伸びるスピードが早い人は当日でもOKです。ただし赤みがあると脱毛できないこともあります。)

シェービング代が無料のサロンやクリニックがありますが、何もしないでOKという意味ではありません。
シェービングは、自分では届かない部位や、剃り残しがあった場合の話になるので、くれぐれもムダ毛未処理で行かないようにしましょう。

ただし、初回カウンセリングのときは、ムダ毛が生えている状態を確認する場合があるので、初回予約時にムダ毛の処理について確認しておくといいでしょう。

自己処理は、必ず電気シェーバーかカミソリで毛を剃りましょう。
毛抜きやワックスのような、ムダ毛を抜いてしまう処理方法は絶対にNGです。ムダ毛が生えていなければ照射しても脱毛することができません。

脱毛へ行く日は電気シェーバー持参!

脱毛当日、サロンやクリニックに向かっている途中や、待合室で待っている間に剃り残しを発見することがあります。
そんな時、電気シェーバーを持っていれば、さっと剃り残したムダ毛を剃ることができます。

シェービングが有料のサロンやクリニックでの契約の方は、毎回シェービング代がかかるとトータルで結構な金額になるので剃り残しはなくしたいところです。

まとめ

シェービングのチェックポイント
 □無料で脱毛してもらえる範囲
 □剃り残しの対応
 □シェービングが有料な場合、かかる料金を比較(1部位なのか1回なのか)

・脱毛の前日に自己処理をしておく(シェービング無料でも自己処理していきます)
・脱毛当日は電気シェーバーを持参しておけば、すぐに剃れて便利

横浜の方へ>>>脱毛横浜完全ガイド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>